看護師 転職活動

給与や待遇の条件などの聞き出し方とタイミング

給与や待遇の質問を早いタイミングでしてしまうのはNG

一般的に看護師だけに限らず、最低限の情報しか求人票には記載されていません。
求人票に高額の給与が記載されていても実際にもらえるのか、
休日休暇の日数が多いけど本当にそんなに休みがあるのか、
などの条件を面接で聞く場合にはどうすればいいのでしょうか?

 

ナースフルバナー画像

 

求人票に「年収400万円〜500万円」という様な具体的な金額が記載されていた場合は、
細かい部分を転職会社のエージェントもしくは
会社側の人事担当者と話し合いをして調節していくケースがほとんどです。

 

給与面などの金額に関する事はできるだけ会社の方から説明されるのを待って、
焦る気持ちもあると思いますが急いでハッキリと聞かない方がオススメです。

 

なぜなら、給与や待遇の質問を早いタイミングでしてしまうと仕事や病院の内容でなく、
お金だけで応募してきたという印象になります。
病院側から給与や待遇についての話しが出るのを待っても出ないようなら、
最終面接か内定が決まってからこちらから遠回し的に聞いてみるといいでしょう。

 

聞いてみる時も入社をする事を前提にしている姿を見せながら、
『入社後の給与や待遇はどのようになっているか教えていただけないですか?』
と謙虚な姿勢で病院のシステムの一部として質問をしてみましょう。
間違っても、給料はいくらですか、など面接の最初の段階で聞く事はNGです。

申込み画像

ホーム RSS購読 サイトマップ