看護師 異業種 転職

看護師から異業種への転職をするときの注意したいポイントとは!?

30代以降の転職は厳しい現実!でも看護師は

ステップアップを目指して同じ職種で転職をするのか、今までの職種に見切りをつけて今までと異なる職種に転職するのか、ということで転職と一言で言っても異なってきます。

 

企業は、新天地を異なる職種で開拓しようと思っている未経験者を現実的に雇ってくれるのでしょうか!?。

 

企業が求めている人材の大半は、即戦力として働く事ができる人材です。

 

しかし企業の中には、違う職種から転職をして斬新なアイディアや新風を巻き起こすような未経験者の人材を求めている場合もあります。実際問題、それが可能なのは20代までです。

 

 

どんなに優れたキャリアがあったとしても、20代を超えてしまうと難しくなり、年収も下がってしまうことがほとんどです。

ナースフルバナー画像

看護師資格をもっていれば働く選択肢は広がっている

ですが、看護師資格を持っている場合は例外的に転職しやすい環境となっています。

 

一般的に看護師資格を持っている場合、医療現場で働くことが多いのですが、企業内でも、学校や保育園、そして老人ホームなどでも看護師資格を持っていると優遇されやすくなっています。

 

 

但し、仕事内容以外にも前職と異なる職種に転職すると周辺環境や人付き合いも変化します。挫折してしまう人の多くが、その辺りまでの覚悟ができておらず現実に取り残されてしまった場合です。

 

転職した先の企業が、職種独特の風習や雰囲気を一から全て教えてくれるわけではありません。そのため、看護師専門の転職支援サイトを利用した方が良いでしょう。

 

看護師専門の転職支援サイトのアドバイザーの中には、直接、働く現場に行って、様子を確認しているため、生の情報を知ることが出来ます。大抵、給与や待遇などは、書面で確認できますが、現場の状況までは知ることが出来ません。多くの場合、働いてみて初めて分かるケースがほとんどです。

 

ですが、看護師専門の転職支援サイトの情報で書面にはない、相性についても相談することが出来ます。年収や待遇を第1条件としてしまうと思わぬところに落とし穴があるので注意しましょう。

 

 

また転職を成功させるためには、新しい職種に柔軟に対応出来る努力が必要になってきます。

申込み画像

ホーム RSS購読 サイトマップ