看護師 転職活動

転職活動前に知っておきたい、転職後の年収事情

転職1年後の年収について20代と30代で調査

転職活動をする際にいちばんネックになると言っても過言でないのが、経済状況です。
現在の日本経済はデフレスパイラル状態で、転職活動も厳しいのが現状です。
看護師でも同じです。

 

それでも年収アップを目的とした転職は不可能ではありません。
転職活動の動きはリーマンショック以降、小さくなっていますが、20代で転職をした人の年収は増えている傾向があります。

ナースフルバナー画像

転職1年後の年収について20代と30代の調査では、
25〜29歳は13,4万円、30〜34歳では10,5万円、増えています。

 

リーマンショック以降の転職理由については変化しているのでしょうか。

 

 

この2年間の退職理由で多いのが「職場の都合」です。
この理由から、倒産や会社の規模縮小など不景気の様子をうかがう事ができます。

 

倒産は会社だけでなく、病院や医療法人にもあります。
勤めている病院が倒産してしまっては、自分の定年まで勤めたいと思っていてもどうしようもありません。
それに対してリーマンショック以前は圧倒的に多かった「勤務に関する不満」は、それ以降少なくなりつつあります。
多少の不満があったとしても次の就職先が必ずあると言えない世の中だから、転職を思いとどまっている人が増えています。

 

ところが、看護師の需要はこんな景気だからこそ伸びています。
求人募集では、年収や待遇が改善されたものが多いです。

 

転職活動で減少しているのがキャリアアップを目的としたものです。
アフターファイブなどの仕事以外で自分のやりたいことを見つけている人が増えているからです。

 

色々な事にチャレンジをして焦らず自分の長所を伸ばす事が、キャリアを考えていくのに必要なことです。
転職を考えるポイントの1つとして、今現在勤めている病院や職場が若い人にチャンスを与えてくれる環境かどうか、ということです。

 

色々な経験や体験をすることが20代では最も重要なことです。
看護師だけに限らず、どんな職種でも基本や基礎をしっかりと身につけて自分の物にしていくことで、将来が大きく変わってきます。
自分の憧れている看護師、同僚だけでなく色んな人から愛される看護師に自然となれます。

申込み画像

ホーム RSS購読 サイトマップ