看護師 希望年収

看護師転職の希望年収って、実際どのくらい希望しても良いものなの?

最初の面接で年収の話しをすることは転職失敗のもと

看護師として転職した場合、面接のどのタイミングで現在の年収よりも多い希望の年収額を会社側に伝えれば良いのでしょうか。

 

絶対に避けるべきなのは、最初の面接で年収の話しをすることです。
時期として適しているのは、最終面接終了する前に年収の交渉をするのがベストです。

ナースフルバナー画像

 

それまでの面接は、給与のシステムや基準について探りをいれる程度です。
質問として、同年代の人の水準を聞いてみるのも方法のひとつです。

 

というのも年収について病院や医療法人では最終面接の時に確認するケースが多いです。
面接担当者の中にはハッキリと希望年収を聞いてくる人もいます。

 

常識ある答えを言うためにも、自分が受けている病院の水準を把握しておく必要があります。
自分の希望年収が水準からかけ離れていると、提示した段階で採用を断られてしまうこともあります。

 

反対に病院の顔色ばかりを伺って少ない年収を伝えてしまった場合、勤めてから後々、後悔することになります。
探りを早い段階から入れて様子を掴まないと最終面接で失敗してしまいます。

 

自分の希望年収を最終面接で質問された場合、どのように伝えたらいいのでしょうか。
重要な条件の中に年収が含まれていないのなら、病院の基準額でお願いします、と言えば良いです。

 

しかし重要な条件に中に年収が含まれているなら、絶対条件となる金額をハッキリと伝えるべきです。
金額をハッキリいう事は面接に受からないリスクがあります。

 

だからといって、面接の時には何も言わなかったのに勤務してからゴチャゴチャ言うと人から信頼されなくなります。
気をつけて欲しいのが、年収の希望額の理由を話す必要はないということです。
病院側が面接で把握したいのは、それだけの年収額を払うだけの価値がある人材か、ということです。

 

 

病院側と年収の交渉方法について紹介したいと思います。
強調すべきことは、自分なら病院が抱えている問題を解決できる人材であり、ひとりで1,5人分の働きができるということです。

 

自分で交渉する自信がない人は看護師専門の転職サイトや人材紹介会社を利用します。
交渉代理人に明確に本音の希望年収を伝えますが、希望年収が無理なら最低でもこれだけは欲しいという情報も伝えておくことで希望年収に近づけることが出来るでしょう。

申込み画像

ホーム RSS購読 サイトマップ