看護師 転職活動

看護師の転職活動記事一覧

転職活動をする際にいちばんネックになると言っても過言でないのが、経済状況です。現在の日本経済はデフレスパイラル状態で、転職活動も厳しいのが現状です。看護師でも同じです。それでも年収アップを目的とした転職は不可能ではありません。転職活動の動きはリーマンショック以降、小さくなっていますが、20代で転職をした人の年収は増えている傾向があります。

看護師として転職した場合、面接のどのタイミングで現在の年収よりも多い希望の年収額を会社側に伝えれば良いのでしょうか。絶対に避けるべきなのは、最初の面接で年収の話しをすることです。時期として適しているのは、最終面接終了する前に年収の交渉をするのがベストです。

看護師だけに限らず、給与の金額は、大抵の求人票には記載されています。それを参考にして応募するのが一般的ですが、ところが「年収○○円〜○○円」と給与額に開きがあった場合、実際、自分はいくらもらえるのか分からなくて応募するかどうか迷うことも多いでしょう。今の病院よりも求人票に記載されている医療機関の方が年収が高いと魅力に感じますが、実際にそれだけの金額が支払われるのでしょうか?

一般的に看護師だけに限らず、最低限の情報しか求人票には記載されていません。求人票に高額の給与が記載されていても実際にもらえるのか、休日休暇の日数が多いけど本当にそんなに休みがあるのか、などの条件を面接で聞く場合にはどうすればいいのでしょうか?

あなたは転職活動を行う上で、どの程度の費用が必要になってくるのか知っていますか?看護師は全国的に不足しているため、転職活動はしやすい状況ですが、それでもある程度は事前に費用の準備が必要です。なのに何故、みな転職をするのかといえば、そんな事前費用を越える年収アップが期待できるからです。

せっかく看護師資格を取得しても、実際に看護師として働いて自分に合っていないのではないか?そんな風に悩んでしまうひともいます。夜勤がどうしてもつらい・・・。サービス残業が多すぎる。職場の人間関係が上手くいっていない。そこで、別な職種に転職を考えるケースもあると思いますが、実際、それは可能なのでしょうか?ステップアップを目指して同じ職種で転職をするのか、今までの職種に見切りをつけて今までと異なる職種に...

転職活動で最大の難関が面接です。学生時代の就職活動のように決まった形式がなく、自分の職歴やスキルによってPRポイントが変わってくるので、面接でしっかりと自分自身を売り込む必要があります。しかし面接が得意という人はほとんどいません。あなた同様に、誰もが面接では緊張するものです。

看護師だけに限らず、労働者の条件が悪くなるのは日本全体の経済不振が続いていることが1つ挙げられます。病院や会社の経営がよろしくないから給与が下がってしまう・・・、同じく働くなら稼げて楽な仕事に就きたい、仕事量に見合った給与を支給してほしい、サービス残業や連続した夜勤を止めて欲しい。経営が悪いからといって給与を減らして欲しくない、と思う事は当たり前です。では時給が実際に高い職種は何でしょうか?。

看護師資格は女性にとって心強い資格の1つです。保育士の資格と人気を2分するほどですが、どちらが費用対効果が高いかと云えば、間違いなく看護師資格です。その費用対効果はバツグンです。ですが、人によっては看護師の世界が向かない人もいるかもしれません。他の資格をとって、別の世界、別の職業につくなら、何が良いでしょうか?また、どのような資格を持っている人材を企業は必要としているのでしょうか?

最近、ますます増えているのが、「年俸制」と「月給制」です。実際、求人票の給与を見ると年俸制で記載されているものと月給制で記載されている2種類があるのがわかると思います。今でも、日給、月給を採用する企業が多いのですが、年俸制を導入する会社が最近は増えてきています。特にプロ野球やプロゴルフの世界で、年俸制という言葉を耳にする機会が多いと思います。一般サラリーマンとは単位が違うので、驚くことが多いのです...

ステップアップを目指して同じ職種で転職をするのか、今までの職種に見切りをつけて今までと異なる職種に転職するのか、ということで転職と一言で言っても異なってきます。企業は、新天地を異なる職種で開拓しようと思っている未経験者を現実的に雇ってくれるのでしょうか!?。企業が求めている人材の大半は、即戦力として働く事ができる人材です。しかし企業の中には、違う職種から転職をして斬新なアイディアや新風を巻き起こす...

育児休暇は建前で実際は子育てと仕事は両立できない職場がほとんどです。特に営業職や接客業界・医療関係に勤めている女性が職場に復帰するにはハードルが高い傾向があります。例えばデパートや飲食関係の業務体制は、日曜日や祝日などに出勤が多い店舗や企業が多い中、子供の運動会や授業参観など学校行事などになかなか参加できない場合が多いことがあります。中にはシフトを変更してもらえる職場もありますが、世間が休みの時は...